09/26/2016

東京展示を片付けた。

内容の濃い毎日だった。

1メートル超のプリントを羅列、余白やフォーマット、サイズ、反射を微妙に変えて展示した。

今回は緻密で、大胆にやることを考えていた。

結果的に、京都展と東京展は全く違う内容になり、今後も他のやり方を試しながら実験を行う。

晴れた日は1日くらいで、大雨が降り続く中、店内のカフェでたたずむ時間、贅沢で良かった。

窓の景色の手前、いつも蛍光オレンジのキレてる彩度に胸がかき立てられた。

QUIETNOISEは、レンタルスペースではないのに展示させていただいて、感謝しかない。

お世話になった方々、セレクトいただいた写真集、お客さん、全ての皆ありがとうございました。

すぐ次の何かが始まる、そんな予感がする。

09/15/2016

個人ブースにて4日間参加します。

"MAKOTO OONO" BOOTH : G-10

今夏刊行した写真集の販売

日大写真学科の後輩達に手伝ってもらって4日間。

自分がいるとき、内容の説明をして、その都度反応の変化を感じた。

「知る」っていうのも楽しみの一つだけど「話さない、知ることができない」のも良いと思う。

09/15/2016

 9/21より26

東京でも展示が始まりました。詳しくは会場  QuietNoise  http://www.quietnoise.jp/

http://www.quietnoise.jp/news/00016

Please reload

© 2020 Makoto Oono